広告記事上


Kindle電子書籍で出版「非正規社員の自由の扉」

このブログの内容に加筆し編集したものを、Kindleの電子書籍で出版しました。

名前を出版用にちょっと変えて「本木れい」と名乗ることにしました。

今回はプロデュースまでして頂ける代行業者様のお世話になりました。

Digital ContentsProduce 完全無料で電子書籍プロデュースします

いや、すごいですよ?!

いやいや、まじで!!!

何せ表紙やらタイトルやら何から何まで全部、プロデュースして頂きましたから。

私、はっきり言って書いて送信しただけです。

後は何にもしていません。なーんにも。

しかも出版まで、書いて送ってから一週間も経っていませんでした。

たまたま混んでいなかったとか、amazon側の審査も早かったのかもしれませんが。

実は私、もう少し前にオンデマンド出版で本を書いており、そちら只今審査中です。

オンデマンド出版は後で修正するのが難しいためamazon側の審査に時間がかかっているのかもしれませんが、まだ出版できていません。

(まさかこんなに早く出して頂けると思っていませんでしたので、メールを見ていませんで確認が遅くなってしまいました。すんません)

さて、この代行業者様ですが、他社様との大きな違いは「最初にお金が要らないこと」です。

他の代行業者様は最初にお支払いをせねばなりません。

この代行業者様は最初にお金は必要ではない代わりに、印税が20%となります。

自ら全部手続きしてがんばった場合は35%(諸条件を満たすことができれば70%)です。

しかしこの手続きその他を全部自分でがんばるのって、結構大変ですよ???

私の場合はその手続きがあまりに煩雑だからという理由もあって、最初は無料のオンデマンド出版で書いてみたわけです。

ちなみにそれは『∞books ムゲンブックス』です。

しかしこのムゲンブックスでも、表紙をどうするかで困ってしまって結構大変でした。

今回の代行業者様なら、本当に書くことだけに集中できます。

これは私にとっては本当にありがたいことでした。

たくさん書きたいことがあって、本をたくさん出したい人に是非おすすめしたいです。

印税が少ないといっても、例えば全部自力でがんばったら手間がかかって一冊しか出せなかった場合と、その間に筆が進んで五~六冊出せた場合とで比べてみてください。

もしもその五~六冊の中にちょっとしたヒット作があったとするなら、単純に冊数をかけた五倍または六倍ではなくなりますよね?

しかもそのヒットするかしないかというのは、表紙やタイトルなどはかなり重要なポイントになります。

私は絵心やセンスはないですし、コピーライトとかそういうものにも自信はありません。

というわけで、まとめますと「書くこと以外に時間を費やすのがもったいない」ライターさんと「書くこと以外は苦手な」ライターさんには、全力でおすすめしたいです。

広告記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする