えっ?! こんなところにもサブスクが?!

先ほど、ダイヤモンド・オンラインで以下の記事を拝読致しました。

高いのに人気殺到!キリンの新鮮「サブスク」ビールが切り開く脱価格競争

詳細については是非リンク先の記事でご覧頂きたいのですが、要するに「何とビールの販売にまでサブスクリプションが?!」て話です。

このサブスクリプションとは、一言で言えば「定額制の料金形態」となりまして、もう少し細かく言えば「ある一定期間を単位とし、そこで決まった料金を使った期間だけお金を払う」という話です。

(もっと具体的に言えば、音楽とか動画の配信サービスで「一ヶ月で何ぼ」とか言うてるヤツあるやないですか。あれですよあれ)

「使った分だけ払う」というのは「シェアリング・エコノミー」で、特に自動車の「カーシェアリング」が有名です。

あの流れで、こういう販売形式も注目されているわけですけれども。

それにしても、まさかビールまでこんな形になるとは驚きです。

冒頭に貼らせてもらった画像は「ビープラッツ(株)」という、日本でサブスクリプションのサービスをやっている会社です。

世界ではアメリカのZuoraという会社が有名らしいです。

というわけで、アマゾンみたいにZuoraが日本でも席捲し「ビープラッツだめだったじゃん」てなるかもしれませんが。

えーとですね、実は私、このビープラッツという会社の株を100株(一単位)だけ持っています。

理由と致しましては、サブスクリプションは音楽と動画配信も有名ですが、ソフトウェアでも有名でして。

アドビシステムズという有名なソフトウェアの会社が従来のパッケージによる販売をやめて、この方式を採用しています。

アドビと言えば世界的に有名なソフトウェアの会社で、恐らくマイクロソフトの次ぐらいではないでしょうか。

時代の進化が早いソフトウェアの業界でしかも大手のアドビが採用したと言うことで、他のところにもどんどん広がっていくのではないかと思ったのです。

それとあと、私が本サイトで考えるキーワード「分散化」で、この場合は「買い方や支払い方法の分散化」に該当すると考えました。

(分散化についてご興味ある方は本サイトの『【分散化】インターネットでこれまでどうなった&これからどうなる?【IT革命】』という記事もよろしくお願い致します)

「買い方や支払い方法の分散化」の「支払い方法の分散化」については、例えば携帯電話のプランがこれに該当します。

通話を付けるのか付けないのか、あるいは無料通話を付けるのか付けないのか。

一ヶ月何ギガまでなのか、あるいは単独なのか家族割を使うのか。

こんな感じで、そのお客さんに合ったプランを細かく設定して課金する……って結構大変ですので、大きくて余裕のある会社以外は導入しにくいものですよね。

というわけで、私は現在一単位だけホールド中ですが。

もし、投資される場合は自己責任でお願い致します。

さらに言えば、実は私がここで書きたかったのは「考え方」だったりします。

上記リンク先の記事では「キリンのサブスクのビールサーバーが大人気」であることを書いていますが。

仮にキリン以外の他社がもっと高性能なサーバーを開発(し、サブスクの課金システムを利用)し、そちらにお客さんが流れたとしましょう。

それでも課金システムの運営をしている会社には、何の問題もありませんよね。

こういうビジネスモデルでは、Webサイトで服を売っているZOZOがあります。

ZOZOの中でどんな会社のどんなブランドの服が売れようと、売れたら関係ないですから。

(余談ですが、ZOZOでは最近、撤退する企業が出てきて話題になっております。

私は「撤退は残念だし、業績にも影響はあるだろうけど、基本的にはこのまま順調に推移していくだろう」と考えています。

比較検討する時に、いちいちその会社の公式Webをもう一つ立ち上げて確認するのはめんどくさいじゃないですか。

よっぽどその会社のブランドが好きな人ではないと「ZOZOで選んで終了。そこにないブランドの商品は候補に入らない」という結果になるような気がします)

地下鉄谷町線についても書いてみました。何となーく

昨日、本サイトで以下の更新をしました。

普段何気なーく利用している地下鉄御堂筋線の話

上記リンク先の記事では「御堂筋」の名前の由来は「御堂」を結ぶ「道(筋)」だから、という話を書きました。

もう少し詳しく書きますと

  • 本町付近の沿道にある二つの巨大な寺院「北御堂(浄土真宗本願寺派本願寺津村別院)」と「南御堂(真宗大谷派難波別院)」を結ぶ道

だから「御堂筋」ってわけです。

谷町線も気になったので、ついでに調べて書いておこうと思いました。

谷町線は「谷町筋」という道路の下を地下鉄の線が走っているわけですけれども。

この「谷町(タニマチ)」という言い方で、相撲やその他スポーツの熱心に後援してくれるお客さんを指すこともあります。

ウィキペディアのタニマチには、以下のように書かれていました。

タニマチ(谷町)とは相撲界の隠語で、ひいきにしてくれる客、または後援してくれる人、無償スポンサーのこと。現在では相撲界以外に野球界、プロレス界などの他のスポーツ、また歌舞伎界や演歌界を中心に芸能界でも幅広く使われる。

上記リンク先によりますと、谷町六丁目と七丁目のお医者さんが有名で、共にお相撲さんからは治療費を取らなかったことなどが書かれています。

(以下、敬称略します)

谷町六丁目のお医者さん薄恕一は、直木賞のもととなった作家の直木三十五の面倒まで見ていました。

作家先生にまで手を伸ばすタニマチっぷりです。豪快です。

しかし谷町七丁目のお医者さん萩谷義則も負けていません。

何とお孫さんが後に国文学者になり、そのお孫さんの萩谷朴が著書で名乗り出たことにより判明しました。

他にも大手呉服店の店主が相撲好きで、お相撲さんを支援した話があるそうです。

まぁ、そんな「谷町筋線」と「タニマチ」ですが。

近年は個人の後援会やファンクラブの多くなってきましたので、慣例のタニマチ的行為は減少しているそうです。

そしてこう言っては何ですが。

地下鉄の線としてもやはりメインの御堂筋線と比べると、ちょっとだけ便利さとか華やかさなどが及ばないと言いますか。

ま、それは仕方がない話ではあります。

何せ御堂筋線は梅田に淀屋橋に本町に難波……あと天王寺に新大阪ですか……大阪のど真ん中を通っていますから。

谷町線も梅田と天王寺は通っていますけどね。

あと個人的にはですね、谷町線のシンボルカラーの紫について。

紫色っていうのが、何となくジジババくさくないですか?

あれは多分、四天王寺前夕陽ヶ丘駅のためにわざとそんな色にしたのではないかと。

確かに聖徳太子が建立したお寺だったら、高貴な色である「紫しかないやろー」というのもわかりますけど。

御堂筋線が赤なのは一番大事な線だし目立つ色だし、赤は戦隊ヒーローものでも主役の色だし、そっちはそっちで「そりゃしゃーないわー」って感じですけどね。

自分自身を考える

非常に良く知られている諺に孫子の兵法があります。

『敵を知り、己を知らば、百戦危うからず』

(元は「彼を知り己を知れば百戦殆からず」)

「敵」と「己」はいずれも知らねばならないのですが、まず優先されるのは「己」の方ではないでしょうか。

また、その方が効率が良いと思われますし。

というのも「敵」すなわち相手や目的の場合は、変わるものですから。

ここで掲げている一番大きな目的は「幸せになること」ですけれども。

時代の流れや場所が変わると「己」以外の環境が変わってしまいます。

それ故に外的な要因については、その度に学びなおさねばなりません。

しかし「己」は一度知ってしまえば、あまり変わることがありません。

もし自分で著しく成長できるようなことがあって「変わったな」という自覚が芽生えたら、その時にアップデートすれば良いだけの話ですので。

何らかの目的を達成するために「己」を知り、得意なこと好きなことやできることまたはできそうなことから攻めていく。

その例として私は、本サイトの以下の記事を是非読んで頂きたいと思います。

掃除だけで悟りを開いたお釈迦様の弟子、周利槃特(チューラパンタカ)

お釈迦様のお弟子さんの中に周利槃特(チューラパンタカ)というとてつもなく愚かな人がいました。

あまりにも愚かなために普通の修行ができないので、朝から晩までひたすら掃除をしていました。

そしてついに、熱心に掃除をすることで悟りを開くことができました。

周利槃特は悟りを得た後、阿羅漢という尊敬や施しを受けるに相応しい聖者の一人となります。

掃除しかできなくとも、その掃除を徹底的にすることでついには悟りを開くことができた、というお話ですが。

私はもう一つ言いたいことがあります。

それは「周利槃特がブレなかったこと」です。

熱心に掃除をするあまり、掃除がお仕事になって清掃夫になった……わけではないのです。周利槃特は。

しかし私が思うに今の日本は「幸せになるための手段として働いているはずなのに、働くことが目的になってより不幸になっている」ような気がします。

このことを周利槃特で例えると「悟りを開くために掃除をしているのに(悟りを開けず)いつの間にか清掃夫になってしまった」という状態ではないでしょうか?

もちろん「いつの間にかなってしまった」のではない場合は別です。

つまり周利槃特が自らの意思で「どうしても悟りを開くことができないから、清掃夫になろう」と決意したのなら。

この場合は状況を見て判断し、意図的に「敵」を変えていますので。

というわけで、まとめますと以下のようになるかと。

まずは「己」を知ること。

何が得意なのか好きなのかできるのかできそうなのか……。

そして「敵」を知り、外さないこと。

それが「敵」を剋するために必要なことだと私は思います。

で、ここで終わればカッコイイとは思いますけど、これだけでは何なので。

この時に知る「己」ですが、もちろん人それぞれ異なるわけですよこれが。

例えば夫婦二人の世帯で節約しようと思ったら「夫と妻それぞれが自分を知り、お互い相手のことも知った上でかつ相手を尊重してから」節約を始めなければなりません。

一人一人の「この出費は避けられない」というツボは異なるわけです。

つまりこの場合の「己」とは「夫と妻の両方」となるわけです。

ここら辺の小っさい話にもご興味ある方は、本サイトの以下の記事もよろしくお願い致します。

彼を知り己を知れば百戦殆からず。とか言いますけど、最も大事なのは己ですよね